知ってますか?葬儀の段取り

このエントリーをはてなブックマークに追加

長寿のお祝いの写真

還暦や古希、喜寿や米寿などの長寿のお祝いの記念写真も、改めて撮ると良いものです。
最近では長寿の人が多く、年齢の割に若々しく元気なお年寄りも沢山います。
年をとると改めて夫婦二人で写真を撮ることも少なくなりますので、この機会に記念写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

長寿のお祝いは、60歳で還暦、70歳で古希、77歳で喜寿、80歳で傘寿、88歳で米寿、90歳で卒寿、99歳で白寿、100歳で紀寿となります。
還暦は大体皆お祝いしますが、それ以外は勿論毎回する必要はなく、本人や家族の節目のときに行えば良いと思います。
撮影のときは、着物やスーツなどの正装が良いですが、レンタルのものよりかは自分の着慣れた服の方がリラックスできて良いかもしれません。
若々しい格好で、個性あふれる撮影を行ってもいい思い出になるのではないでしょうか。
また、子供や孫など家族皆で撮影するのも良い思い出になると思います。

結婚記念日の中でもある程度の年月が経つと特別なお祝いをします。
25周年の銀婚式や50年目の金婚式が有名ですね。
最近では40周年のルビー婚式、45周年のサファイア婚式など、実に様々な呼び名があります。
夫婦にとって思い入れのある年に、記念写真を撮影するのも良いかと思います。

写真はずっと残ります。
そのときの輝きを切り取り、写し出します。
思い出は頭の中では少しずつ色あせていきますが、写真には色鮮やかに記録されます。
人生の中で何か節目になる出来事があったときには、写真館で記念撮影をしてみましょう。
きっと良い思い出になりますよ。
Copyright (C)2016知ってますか?葬儀の段取り.All rights reserved.